• ホーム
  • 世界3大医学の一つ、アーユルヴェーダ

世界3大医学の一つ、アーユルヴェーダ

2019年07月28日
肌がきれいな女性

人類は文明を持つと同時に、感染病をはじめとした生命にかかわる事象への対応に追われてきました。
中性ヨーロッパではペストが大流行が繰り返し発生し膨大な犠牲者を出すに至りました。
20世紀においては新たな感染症のエイズは依然アフリカ大陸などでは平均寿命を非常に短くしています。
先進国においては、がんや心臓疾患や脳卒中など生活習慣病を克服できずにいます。
人類の歴史は、病気との相克のくりかえしにあったと表現しても過言ではないでしょう。
人類は病気と付き合うために、伝統医学の研究と洗練に取り組み、世界三大医学の展開を見てきました。
世界三大医学とは、紀元前5000-3000年前にはその発祥を求めることできるとされており、ギリシャ・中国・インド伝統医学からなる世界三大医学は歴史を積み上げてきたわけです。
ギリシャ医学はヒポクラテスなどの現代の西洋医学の礎になり、中国医学は現代でも漢方薬の展開など独自の発展を遂げてきました。
そしてインドの伝統医学はアーユルヴェーダとして現代に伝わっています。

アーユルヴェーダとは、インド半島やスリランカなどの地域で、5000年以上の歴史を持つ世界最古の歴史を持つ伝統医学です。
現代医学は病気の予防や治療の方法論に傾注しているのに対して、アーユルヴェーダにおいては心と体の両面からアプローチし、心の健康自然な美しさを追究し病気になりにくい体質を作る予防医学の性格が濃厚と評価できます。
この理念を具体的な健康法として実践されてきたのが、アヴィヤンガです。
アーユルヴェーダでは、人間の身体はドーシャから構成されると考えられています。
ドーシャとは人間の生命を司どるエネルギーと考えられていて健康の基礎条件を形作るものです。
アヴィヤンガとは全身に温めた大量のオイルを塗布浸透させるトリートメントのことで、アーユルヴェーダを主軸になる健康法とされています。

アヴィヤンガでは各種の素材から抽出された自然由来のオイルを使用することで、心と体のバランスを取り戻し、トータルでの健康を指向するものです。
アヴィヤンガがとりわけ重視されてきたのは、心身のバランスを取る効果が経験則的に高く、知識として結実したからだけではありません。
デトックス効果も高いからです。デトックスとは体内の老廃物や有害な物質を除去する方法のことです。
アーユルヴェーダの知識は人間の健康を全人的にとらえ、より患者のそれぞれの状況の違いに応じた医学と評価できます。
ネット上ではアーユルヴェーダの関連商品を通販で探すこともできるため、気になる方は一度調べてみると良いでしょう。